作倶楽(さくら)

リース作りを見学

契約農家さんのアッピーフレンズ様が作るドライフラワーのリース作りを見学してまいりました。

夕張山系の麓、南富良野町金山十梨別に赤い文字でアッピーフレンズと書かれた可愛らしい黄色い建物。中に入ると色とりどりのドライフラワーが所せましと並んでいました。

冬期間は夏から秋にかけて収穫した草花をドライフラワーにして、大小さまざまな作品を作る作業に追われる毎日のようです。

もうすぐ来るクリスマスやお正月にむけてそれぞれの玄関やお部屋にピッタリ合うようなリースなどを中心に制作していて、円形に巻いたツルにドライフラワーを差し込んでいくスタンダードなリースから80㎝位の長さがあるストレートにアレンジされたしめ飾り風の物までたくさんの作品が箱積みされていました。それらは勿論手作りの一点もので、どの作品も丁寧に仕上げられてあり、綺麗で目移りしてしまいました。

1996年からドライフラワーを作り始め、自宅内の工房が手狭になった事から2003年に工房「アッピーフレンズ」を家族で建てたそうです。ドライフラワー専用の土地(40a)にラベンダーなど丹精込めて制作した作品やドライフラワーの素材などを作倶楽に納品していただいています。観光客の方にも好評で、代表の鹿野京子さんはこれからはインターネットでも受注したいと抱負を語っていました。

作倶楽では毎年5月20日過ぎのオープンからアッピーフレンズのドライフラワーをはじめ農家さんたちの花の苗(けいとう・ガザニア・セージ・スターチス・百日草・アスター・ダリア・他)や野菜の苗を販売しています。それから順次季節の新鮮野菜を数多く取り揃えて店頭に並べています。

アッピーフレンズではお盆の時期になるとお墓参り用の生花(トルコキキョウ)やお仏壇用の花束などもその日に摘み取った新鮮なものを提供してくれています。リピーターが多くほとんどの方が前もって予約してくださり、喜んでいただいております。


最近の記事